HOME >製品概要 >連続式活性汚泥法(接触酸化法)

製品概要

top

連続式活性汚泥法(接触酸化法)

連続式活性汚泥法

連続式活性汚泥法(接触酸化法)フローシート

連続式活性汚泥法フローシート

運用業種

乳製品製造業、水産加工業、農・畜産加工業、めん類製造業、豆腐製造業、味噌・醤油製造業、惣菜製造業、製パン業、米菓製造業、漬物製造業、給食センター業、炊飯業

  PH SS(ppm) BDD(ppm) N-ヘキサン(ppm) 大腸菌部数(値/mL)
原水条件(max) 4.0-9.0 ≦1,500 ≦2,000 ≦100 ≦5,000
放流水保証値 5.8-8.6 ≦25 ≦20 ≦5 ≦1,000

特徴

  1. 比較的負荷変動が大きく、高濃度の排水でも、安定した処理水が得られます。
  2. 長時間曝気、接触酸化法を採用しているため、容積負荷BOD-SS負荷が低く余剰汚泥の発生量が少なく、運転費用が安く抑えられます。
  3. 微生物の生育コントロールが容易にできるので、維持管理が簡単に行えます。
  4. 運転中の騒音、悪臭が極めて少ないので、住宅地域での設置も大丈夫です。
  5. 地下式・地上式どちらでも可能です。地下式の場合は駐車場としても利用できるので、土地の有効利用に最適です。
  6. 脱窒素、脱リン処理ができます。

botton

ページトップへ